信頼できるアメリカのFDAの許可を得ている

[`yahoo` not found]
StumbleUpon にシェア
Digg にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]

実は国内で入手可能な肥満治療薬の成分として唯一、中枢神経系に働かないので安全性が高いと言われています。

食事制限を一切しなくてもいい

オーリスタットが入ったゼニカルを服用することで治験をしたところ、食事制限を一切しなかったのに、1年間続けると60パーセントの成人が5パーセントの体重減少を体験しているとあります。また27パーセントの人が10パーセント以上の体重減少をしたという経験をしていますので、これはかなり期待できるといってもいいでしょう。

日本ではまだ処方は開始されていないのですが、アメリカの食品医薬品局であるFDAの許可は得ているので安心して成分と言われています。今は同成分が配合されている商品が幅広く販売されていて、世界中でダイエットをしたいと願っている人に人気を集めています。疾患の肥満治療の薬としても代表的とも言える成分です。

オーリスタットの働き

この成分を服用することによって腸の中にある消化酵素のリパーゼに働きかけます。食事から摂取する脂肪が体の中に吸収されることを阻害することが可能です。阻害された脂肪はそのまま便とともに排泄されますので、脂肪が多い食事を摂取したとしても吸収されることがないのです。食事から摂取する脂肪のだいたい25パーセントから30パーセント程度の脂肪を排出してくれますので、ダイエットを科学的にしっかりと捉えて行うことができます。

気になる副作用について

副作用は脂肪分全般を阻害することから、脂溶性のビタミンであるビタミンA D K Eも阻害してしまうという働きがあります。またベータカロテンも阻害してしまうので、これらの栄養素がすべて体に栄養として行き届かなくなりますので、補う必要があります。マルチビタミンを併用して服用するなどして補ってかなければいけませんので、その点だけは注意が必要です。またこれに伴い目のかすみや皮膚の色の変色、肌荒れや食欲がなくなるなどの副作用の報告もあります。これらの副作用が出た場合は速やかに使用を中止したほうがいいでしょう。

副作用というほどのものはありませんが、オーリスタットの注意点をしっかりと理解した上で正しく服用しましょう。

[`yahoo` not found]
StumbleUpon にシェア
Digg にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]